■プロフィール

雑草魂Ⅱ

Author:雑草魂Ⅱ
2009年度
マンション管理士・管理業務主任者試験に合格することが
できました。
このブログでは、合格までの道のりを残しています。
是非、参考にしてください。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■FC2カウンター

■サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
【独り言 】マンション管理士 民法他
過去問と格闘しながら、理解し難い箇所や
間違えやすい箇所をまとめております。
あくまでも私自身が理解を深める為の
作業ですが良かったら活用してください。

今後も「独り言」として掲載
していきます。





書面によらない贈与は各当事者が撤回できる。
民法 550条

法定相続により発生した共有関係は物権ではなく相続の規定に従う。
民法 898条

相続により生じた共有関係の場合、民法上の分割請求はできない。
民法 898条

瑕疵担保責任を追及する場合、買主は善意無過失でなくてはならない。
民法 570条

賃貸借契約の期間満了後、貸主が異議を唱えなかった場合は、
期限の定めのない契約として存続する。
期限の定めのない賃貸借契約の場合、いつでも契約解除
の申し出ができる。
民借地借家法 26条2  民法 617条2

物上代位の行使は、その目的物の払い渡し、引渡しまでに差押える
ことを要する。 (抵当権実行の際の物上代位)
民法 372条  民法 304条

短期賃貸借の保護=廃止 → 建物明け渡し猶予制度(競落買受後6ヶ月)
民法 395条1

1年未満の賃貸借契約は、期限の定めのない賃貸借契約と見做す
借地借家法29条1

定期建物賃貸借は公正証書などの書面による契約が必要
借地借家法38条1

期限の定めのない賃貸借契約の場合、いつでも契約解除
の申し出ができる。 申し出後3ヶ月で契約終了
民法 617条

請負の報酬支払いは完成・引渡し時=全額後払い
民法 633条、624条

瑕疵がある場合、修補請求することなく損害の賠償を求めることもできる。
民法 634条2

建物その他土地の工作物の場合、瑕疵による契約解除は不可。
民法 634条2、最判平成14.9.24

受任契約は信頼関係を基礎としており、受任者自らが事務の処理を
する義務がある。"
民法 644条

債権および所有権以外の地上権・地役権は、20年で消滅する。
民法167条2

地上権や地役権も所有権同様に取得時効がある。(10年or20年)
民法163条、162条1
スポンサーサイト
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

独り言 | 17:35:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。