■プロフィール

雑草魂Ⅱ

Author:雑草魂Ⅱ
2009年度
マンション管理士・管理業務主任者試験に合格することが
できました。
このブログでは、合格までの道のりを残しています。
是非、参考にしてください。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■FC2カウンター

■サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
重箱の隅???
0506978
わずかな盆休みですが毎日、少しだけでも
机に向かおうと頑張っています。
今日も写真の過去問集と睨めっこ・・・
まあそれにしても重箱の隅をつつくような問題が多いこと><

漠然と勉強していても面白くないので私が間違った・間違いそうだった問題(選択肢)を
ピックアップしてブログに載せていくことにします。

2003年-問8
管理組合法人の理事に関する次の記述のうち、区分所有法及び民法の規定
並びに判例によれば、誤っているものはどれか?

①区分所有者である法人を理事に選任することはできない。

②区分所有者の配偶者を理事に選任することはできる。

③  省略

④集会の決議による解任で退任した理事は、後任者が就任するまでの間は、
  引き続きその職務を行う義務を負う。


まず①である。法人は管理組合の理事になれないのだろうか?
法人でない管理組合の場合、理事・監事になる適格性は不問だったように
思う。
しかしながら設問は管理組合法人について問うている。
民法の法人に関する規定を援用することにより
管理組合法人の場合のみ理事・監事は自然人に限定
されることになる。

次に② 理事・監事になる適格性は基本的に不問である。
したがって誰でもなれる・・・ということになる。

結果的に選択肢①と②は正しい記述となる。
設問は、間違いを探せ?である。
③は省略したが正しい記述である。

残るは④である。
(理事)
第四十九条 管理組合法人には、理事を置かなければならない。
2 理事は、管理組合法人を代表する。
3 理事が数人あるときは、各自管理組合法人を代表する。
4 前項の規定は、規約若しくは集会の決議によつて、管理組合法人を代表すべき理事を定め、若しくは数人の理事が共同して管理組合法人を代表すべきことを定め、又は規約の定めに基づき理事の互選によつて管理組合法人を代表すべき理事を定めることを妨げない。
5 理事の任期は、二年とする。ただし、規約で三年以内において別段の期間を定めたときは、その期間とする。
6 理事が欠けた場合又は規約で定めた理事の員数が欠けた場合には、任期の満了又は辞任により退任した理事は、新たに選任された理事が就任するまで、なおその職務を行う。
7 省略

6項で任期満了・辞任により理事が欠ける場合は、新たな理事が就任するまで頑張ってください
ってことになっている。
これはあくまでも惜しまれつつ退任する場合である。

したがって解任された・・・住民から理事として三行半を突きつけられたわけだから
即刻、理事の業務から引き離してほしいのが組合員の気持ちである。
よく読まなければ通り過ぎそうであるが(解任のケースは含まれていない)
この第49条6項は、そのようなシーンも
想定して作られているようだ。
関心させられると共に条文に食らいついていかないと高得点GETは
難しいことに気づかされてしまった・・・ふ~っかお
   
スポンサーサイト
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

マンション管理士試験 | 11:12:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。