■プロフィール

雑草魂Ⅱ

Author:雑草魂Ⅱ
2009年度
マンション管理士・管理業務主任者試験に合格することが
できました。
このブログでは、合格までの道のりを残しています。
是非、参考にしてください。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

■FC2カウンター

■サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
【独り言】 団地 建替え
団地における特定の区分所有建物の建替え手続き…
特定建物における建替え決議または全員の同意。
承認決議のための集会を召集。

2ヶ月前に開催通知を発する。
要項の添付も必要。
設計の概要も、、、、
団地管理組合の集会における敷地持分による議決権の4分の3で承認。

当該、特定建物の区分所有者は全員が賛成とみなす。

他の建物に特別の影響を及ぼす場合は、影響を受ける建物の区分所有所有者の4分の3以上が賛成していることを要する。

覚えていることを何も見ずに書き込みました。

何か抜けてることがあるのかな?

完全な独り言ですからね!!
後ほど削除するかもしれません。

ご了承ください。

次回は、団地一括建替え決議の復習をしようと思います!


では
スポンサーサイト
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

独り言 | 17:23:23 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
登記記録
おはようございます。
福岡も今朝は相当に寒いです。


『登記記録には
甲区に物権である所有権などが、
乙区には債権である抵当権や賃借権が記載されている。』


こんな問題でたら、かなり引っかかるだろうな~?と思っていました。

通常であれば、甲区は所有権に関する事、乙区には所有権以外に関することって知っているのに、民法の中途半端な知識で、物権、債権、そのうち抵当権の目的となりうるのは物権だ!とか変なのが入ってくると混乱しそうです。
2009-11-17 火 08:22:41 | URL | シロクマ [編集]
おはようございます
立替承認決議、説明会不要ですよね。
2009-11-17 火 12:22:55 | URL | かぶりんちょ [編集]
説明会…
ご存知の通り、承認決議は不要ですよね!
結局、特定建物の建て替え決議に最短で2ヶ月!その後、承認決議に2ヶ月…述べで4ヵ月もかかるんですね!
建て替え決議が成立する見込みで承認決議を召集すれば短縮可能かもしれませんが問題もありそうです。
こんな感じで頭の中にスケジュール表を描いてみるのも知識の定着を図る上で良い方法かと思います!

頑張りましょう…
2009-11-17 火 17:14:55 | URL | 雑草魂 [編集]
更に
特定建物の建替え決議がなされれば、特定建物の区分所有者は決議に賛成したか否かを問わず、建替え承認決議に賛成したものとみなされる。

が、特定建物の所有者がその団地内の別の建物を所有している場合における議決権行使についてはこの限りではない。

区分所有法69条3項
2009-11-17 火 18:42:06 | URL | シロクマ [編集]
団地の成立要件!
シロクマさん、かぶりんちょさん
お疲れ様です!
今日は、一日中冷たい雨でした。
ようやく帰宅し、今から過去問と
向き合います。

さて、団地の成立要件として
複数の建物の所有者が共有する土地または
付属施設、、、とありますが土地が地上権や借地権の準共有の場合はどうなんですかね~?
ふと思いつきました!
明日にでも調べてみようと思うのですが
・・・・・

2009-11-17 火 19:43:13 | URL | 雑草魂 [編集]
No title
大栄のテキストには、共有又は準共有ってかいてありますし、


条文見ても65条に団地成立の事がかいてあって、66条に建物の区分所有に関する規定の準用でなんかたくさん書いているから、大栄のテキストはこれから判断されていると思われます。

いっぱい書いているから自分で確認したわけでは有りませんが。
2009-11-17 火 21:00:20 | URL | シロクマ [編集]
どうでしょうか?
前回TACで受験しました『管理業務主任者模擬試験』内に疑問発見!
問35肢3
『管理者がいない時は、規約は、建物を使用している区分所有者又はその代理人で規約又は集会の決議で定めるものが保管しなければならないので、保管者として指定された者がこの保管義務に違反した場合、20万円以下の科料に処される。』

これが×の肢だそうで、解説を見ると

管理者にはあるけど、
保管者として指定された者がこの義務違反に違反した場合でも罰則規定は無い!

へ~そうか!と思ったけど、本日、条文をみると

71条一項に~~~~その行為をした管理者、理事、規約を保管するもの、議長または清算人は20万円以下の科料に処するとある。

保管者として指定されたもの≠規約を保管するもの

なのか?
2009-11-17 火 22:00:26 | URL | シロクマ [編集]
解明できず、、、
シロクマさん、色々調べてみましたけど
解明できずです、、、

マンション管理の知識&楽学・・・には
あくまでも土地or付属施設が共有に属することとなっています。

規約による管理対象の拡張においては
一部の所有者による共有または準共有の
土地or付属施設を管理対象とできる、、、

結論からいうと解明できずです、、、

定期借地権型の団地ってないん
でしょうかね~~~?
2009-11-17 火 22:05:46 | URL | 雑草魂 [編集]
すいません続けてもういっこ
じゃぁ、大栄のテキストを信じて準共有もOKとしておきましょう。

本日、義務違反者への措置!を復習していました。

差止請求を訴訟する場合の提訴できるものは、『義務違反者以外の区分所有者全員または管理組合法人』
とあった。ふ~んなるほど。

占有者に対する契約解除・専有部分の引渡し請求は
『区分所有者全員又は管理組合法人』となる。へ~、占有者の賃貸人は訴訟の相手方のなるんだ!

と、思いきや、

契約の解除、専有部分の引渡しの請求の訴えは『専有部分の借主である占有者と貸主である区分所有者の双方を共同被告とする訴訟である。

賃貸人である区分所有者は原告であり被告でもある。

ちょっと~~統一しておいてよね~!(怒)

こんな事を考えながら、オンデマンドをみていました。

何回も聞いているのに、スルーしていた事でした。

矛盾している事は他にもたくさんあるはずです。

こんな悩みもあと12日。試験が迫ってきたら時間の経過が早くなったような気がします。

これが、あのアインシュタイン『相対性理論』なのでしょうか?
2009-11-17 火 22:14:18 | URL | シロクマ [編集]
なるほど、、、、
>>契約の解除、専有部分の引渡しの請求の訴えは『専有部分の借主である占有者と貸主である区分所有者の双方を共同被告とする訴訟である。

賃貸人である区分所有者は原告であり被告でもある。


シロクマさんの探究心に脱帽!
う~ん、確かに矛盾していますね~!
まあ、賃貸人を被告にするのは、賃貸借上の
利害関係人としての色合いが強いようにも
思えますが、、、、、

でも双方代理禁止の理論からすると
仮に弁護士が訴訟代理人となった場合
問題になるかもしれませんね?

それから、コメントが一杯になってきたので
TACの管理業務主任者模擬試験の問35
であらたなコメントを立ち上げておきます!

2009-11-17 火 22:45:06 | URL | 雑草魂 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。