■プロフィール

雑草魂Ⅱ

Author:雑草魂Ⅱ
2009年度
マンション管理士・管理業務主任者試験に合格することが
できました。
このブログでは、合格までの道のりを残しています。
是非、参考にしてください。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■カテゴリ
■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■FC2カウンター

■サイズを記憶するフォントサイズ変更ボタン

文字を大きくする 文字を規定のサイズに戻す 文字を小さくする

■リンク
■QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

スポンサー広告 | --:--:--
【独り言】マン管 やっぱり苦手!建築基準法
PA181952.jpg

昨夜から建築基準法や設備関連の過去問205問
を解いてみた。

4肢全ての意味を理解し、正解した問題を A

かなり曖昧だが消去法的に正解した問題をB

消去法を用いても正解できなかった問題を C

としてチェックしてみました。

第5巻の建築設備・大規模修繕編
全112問中
A   74問
B   31問
C   7問

コンクリート関連も多く、まあまあの戦績。

第6巻の設備系法令
    建築基準法やら消防法やら
全93問中   

A  28問
B  48問
C  17問

建築基準法や施行規則?系がサッパリ(泣”)
このジャンルは、完全な感頼りとなりそうです。


さて雨も上がったことだし
昼からは、運動不足解消をかねてサイクリングに、、、
行き先は、やはり本屋かな~~~


それから明日はTACの管理業務主任者公開模試を受ける予定に
していましたが急遽、予定変更することに・・・

同じTACでの受験となりますがWセミナーのマン管模試を受けることに
しました。
TACの管業の方は、持ち帰って自宅受験となります。


Wセミナーマン管模試

先日もエントリーしたと思うのですがWセミナー主催の第3回「やる気の木」ブログコンテストで入賞させていただき3000円の受講券をいただきました。
メインブログの元祖”雑草魂は、B賞図書カード5000円を!


このブログはC賞で受講券3000円、、、
また前回の第2回では、このブログがB賞を受賞!
Wセミナーに感謝



やる気の木 ブログコンテスト



TACやWセミナーブランドの書籍購入もできるとのことでしたがこの3000円券で
Wセミナーの模擬試験を受験させていただくこととします。



午後は「適正化法」の過去問70問、、、
問題文が長く、疲れました、、、

結果は、A(余裕)     49問/70問
      B (消去法で)  17問/70問
      C(撃沈)      4問/70問

先日のTACの模試でも3問/5問正解がやっと、、、

本番では、絶対に全問取りたいと思っている。

ただ、救いは・・・適正化法に関しては
マン管より管業の方が難しいような、、、
気もするのですが???

管理業務主任者をお持ちの方がホントに
羨ましいですね!


昨夜から過去問を270問も解いた事に・・・
疲れました~~~

今日は、これにて終了です、、、、、、、

あとは、ビール片手に「楽学マン管・・・」
を気楽に眺める程度にします。

さあ、明日のWセミナーの模試の結果は???
少し、緊張してきました・・・では
スポンサーサイト
にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

独り言 | 10:36:31 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
お疲れ様です
今日は、結局1時前から、大栄の自習室にて途中オンデマンドや昼食を取りながら、結局7時前くらいまで勉強していました。
本日は、『住宅新報社』の3回目のチャレンジをしていました。
3回もしているのに40+5で45点。

その中で一つ気になる点がございました。
第1回問17の1の肢、請負の瑕疵担保責任の問題
『目的物の瑕疵によりマンションが損傷した場合の損害賠償請求権は、損傷した時から1年以内に注文者が権利を行使しなければならない』

自分の見解は『損傷した時ではなく、知った時からだ!』自信を持って×にしたら全部の肢が×になって。え?とりあえず、この肢を○にして、次の問題に移ったが、最後に解答を見ると、
『損傷した時から1年』と書いている。

『ようし、やっと住宅新報社を捕らえた!』ダイエックスもTACも間違い見つけてどちらも苦情のメールを送ったが、住宅新報社だけは見当たらなかったが、やっとみつけた!

でも一応確認しておこう!と思って、民法638条2項にげげげ?
滅失・損傷した時から1年以内に権利を行使!と書いてある。

あれ~?俺の記憶の、瑕疵を知った時から1年ってなんだっけ?

そうすると、ちょっと条文をめくると売主の担保責任が全般的に知った時からになっている。
どっちかに統一しといてよ!って感じで。



まぁ、自分的には凄い発見でありました。でも、ここに書かせていただいて落ち着きました。




ついでに以前自分のブログで、不法行為の相手を知った時から3年で時効だったら、市橋容疑者はもう少しで時効だった?逃走中でも?

の答えが、判例にありました。

『加害者を知った時とは、被害者が加害者の住所・氏名を確認したなど賠償請求の可能な程度に加害者を知った時を意味する。』(最高裁判所判例昭和48年11.16)とありましたので、市橋容疑者の民事の時効はあのまま逃げていても20年まで消滅しなかった事になります。
これも、住宅新報社に書いていました。
2009-11-14 土 20:44:49 | URL | シロクマ [編集]
お疲れ様です!
既に焼酎片手での書き込みをお許しください。
今、第一回の問17を見ています。確かに
選択肢1は『目的物の瑕疵によりマンションが損傷した場合の損害賠償請求権は、損傷した時から1年以内に注文者が権利を行使しなければならない』ですね・・・

マンション管理の知識によると
権利行使期限は、確かに買主が事実を知った時(瑕疵を知った時)から1年となっていますね。

良く似た例で言うと相続がありますよね。
自身が相続することを知ってから3ヵ月以内
に放棄もしくは限定承認しなくてはいけない
・・・
この設問の場合、本人(区分所有者)が
そのマンションに居住している前提での設問
のようですね?
別の場所に住んでいて賃借人が占有、
少々の損傷は、生活に影響しないから
賃貸人にも報告しない・・・

シロクマさんは、こんなケースを想定されたのだと思います。

但し、他の選択肢を見ると選択肢2は債権の
存続期間10年・・・
選択肢4は、請負契約による土地の工作物
の建造の場合、完成後の契約解除制限・・・
これも既に完成したことは書かれて
いませんが設問上で「建設させた」と過去問
になっています。

ということで何れも○となります。

あとは選択肢1と3の攻防・・・
完成前であれば損害を賠償して契約
解除できますから・・・
必然的に選択肢3が×に・・・

シロクマさんは、完璧主義!
知識不足の私は、消去法一辺倒です。

こんな感じで解いてます!

さて、私も色々と相談したい奇問を
抱えています。

例えば・・・
マンションを分譲した宅建業者は
1年以内にそのマンションにおいて管理者
等が選任されたら図面等の資料を速やかに
渡せ・・・ってありますよね?

管理者等が選任されなかったら、それらの
書類はどうなるんでしょうかね~?

まあこれだけ広範なジャンルからの出題です。
完璧な出題は、なかなか難しいでしょう!
設問の趣旨を類推するのも受験者の務め
と割り切っていきましょう!

2009-11-14 土 21:22:27 | URL | 雑草魂 [編集]
かんぱ~い
実務レベルでの話でしょうか?

自分はサラリーマンの時10年以上分譲マンションの販売をしていました。
複合用途型は経験有りませんが、単棟型と団地型は経験済み。

いつも、重説はいつも自分がしていましたからある程度の、事例が思い浮くのですが。

図面や資料を管理者に渡す事は実務上皆無です。

契約の際に個別に簡素な資料を渡し、設計図書や竣工図面は管理会社または管理事務室にて保管します。という書面に全員に捺印させ規約案とともに“全員合意書面”を完成させます。

今まで、規約に定める管理者や管理所有者っていうのは見た事が有りません。全ては、集会の決議による(順番でまわす)管理者(理事長)です。しかも管理会社主導で本人たちは何がなんだかわかっていない。

なので、書類を渡すことも、管理者が専任されない事もありません。

竣工時に1戸も売れていない時には、売主が当然に管理者となります。



では、私のずぅっと悩んでいた事。

Aが売主で注文者、Bが施工者、CがAから買い受けた新築住宅の場合の瑕疵担保関係。

学習上はBの請負での担保補償はAへの引渡しから10年間、なので、Cは自分が引渡しを受けた時から10年間ではなく、Aが引渡しを受けた時から10年間しか瑕疵担保が補償されない。

え???

売主の担保責任と言う観点から言うと、CはAから引渡しを受けた時から、10年間担保してもらうはずです。で、施工者が担保しなくなった時には売主は自分でやるのか?

これで、悩んでいました。

結論、実務では下記の通りとなっています。

AがCに引渡しの時に(BからAへの引渡しから1年以内に限りますが)10年間の保証書をAB連名にて発行します。これがスッキリですよね~。


試験対策的には純粋にテキストどおりに覚えることです。

自分でかきながら非常にこんがらがってきます。

2009-11-14 土 21:56:24 | URL | シロクマ [編集]
TAC頑張りましょう。
今日、オンデマンドを受けようと視聴覚室に行ったら隣で『マン管』のオンデマンドを受けている見かけぬ人物を発見!
彼はその他の法律(1)(宅建業法)を受講していました。

自分は区分所有法(1)を!

自分はこれが区分所有法は授業も併せて6回目となるので、マーカーや書き込みでテキストはもう、ボロボロになっています。

彼は恐らく直前講習の受講者のようでテキストがサラッピン(博多弁で新品)私のテキストを見て焦ったのか自分が隣に座るや否や(アズスーンアズ)ペンを取り出し突如、書き込みを始めていた。

マン管の試験まであと2週間!
彼の能力がどれほどのものか分かりませんが上位8%に入れるとは思えませんでした。

92%の仲間入り!

を見つけた瞬間でした。

(酒の肴にはいいアテではないですか?)


2009-11-15 日 00:05:55 | URL | シロクマ [編集]
へ~っ!なるほど
シロクマさん、おはようございます。

実務では・・・・・AがCに引渡しの時に(BからAへの引渡しから1年以内に限りますが)10年間の保証書をAB連名にて発行します。
なるほどですね!

それから宅建業者の設計図書引渡し義務。
「マンション管理の知識」によると
1年以内に管理者が選任されない場合でも
分譲した宅建業者は、建物の管理が管理組合に円滑に引き継がれるよう努めなければならない・・・と努力義務が課されています。

さて、今日はTACでWセミナーのマン管模試を受験します。

目標は、適正化法の5問全問クリアです。
LECの第1回 5点
    第2回 2点
    第3回 4点
TAC     3点
Wセミナー ???

LECの初戦でいきなり全問正解
したのが仇になっているみたいです。
それなりに頑張っているんですけどね~
今日こそは5点取って、スタートライン
だけでもシロクマさんに並びたいところです!

では、、、、、
2009-11-15 日 08:40:06 | URL | 雑草魂 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。